持ち家と賃貸どっち派?

持ち家と賃貸の比較になると、どちらが得かという話になることがあります。
賃貸でかかるのは主に家賃と更新料、火災保険の費用などですが、これを賃貸を続ける限り払い続けることになります。
持ち家の場合は住宅ローンの支払いが終われば毎月支払う額は減りますが、購入時の諸費用や毎年の固定資産税などもあります。また、時間が経過すれば修繕費もかかることになります。

家

単純に家賃と住宅ローンの支払いを比較すると持ち家が得、固定資産税や修繕費がかからないから賃貸の方が得、など様々な意見があります。
しかし、必要経費などを計算すると総コストはどちらもそう変わらない、という結果になるようです。
つまり、どちらが得 かということを考えるより、自分たちのライフスタイルに合う方を選択する事が正解といえます。

持ち家のメリットといえば、やはり将来的に自分の資産になる、ということでしょう。
その分気軽に引越しをすることは難しくなるため、転勤が多い方などは選択しづらいかもしれません。
また、住宅ローンを支払い終わった後の住宅に資産価値があるかどうか、という点にも不安はあります。
しかし、持ち家があることで老後に住む家が確保されているという安心感もあるでしょう。

賃貸のメリットは、そのときの状況に合わせて気軽に移動ができる、ということです。
新築や築浅の賃貸を転々とすれば、常に新しくて綺麗な家に住み続けることもできますし、収入が下がってしまったら 、収入に見合った住宅に引っ越すこともできます。
ただし、継続的に所得のある世代の場合は良いのですが、老後になると賃貸契約をしづらくなる、というリスクもあります。

持ち家にも賃貸にも、それぞれメリット・デメリットがあります。
自分の考えやライフスタイルに合った方を選択しましょう。家を購入する際にお金が足りない場合にはオリックス銀行などを利用すると良いかもしれません。

マンションなど不動産投資を行っている場合

マンションなど不動産を所有して不動産投資を行っている場合は、当然ながら保険をかけていますよね。 火災保険、地震保険などに関して、その年度の保険料を経費として損金に計上できます。
ただし、期中でマンションを売却したなどした場合に払い戻し分があった分は、経費を減らさなければいけません。

マンション売却を検討してる場合はあらかじめ参考資料を読んでおくといいでしょう。
マンション売却の流れと中古マンション査定のポイント来るでしょう。